技術情報
分離・分析の原理
 Dr.カマチのELISA入門 ELISAの原理と操作方法
こんにちは、Dr.カマチです。
これからELISA入門を始めたいと思います。
まずELISAの原理と操作方法を説明しますね。
ELISA法とは
ELISA(enzyme-linked immunosorbent assay)
・酵素固定化免疫測定法
・目的物質に結合する抗体を使って、混合物中の目的物質を選択的に検出可能
競合法と非競合法
・競合法:低分子の物質
・非競合法:ある程度の大きさの物質(タンパク質など)
競合法 非競合法
・競合法は低分子向き ・非競合法は高分子向き

直接法と間接法
・直接法:抗体(あるいは抗原=検出対象)を標識する
・間接法:一次抗体(検出対象と反応する)に反応する二次抗体を標識する
直接法 間接法
・直接法は操作が簡単 ・間接法は自由度が高い
直接競合法の反応のしくみ
ELISA法と従来法の特徴
  ELISA法 HPLC法、GC/MS法など
検査に要する時間
(試料あたり)
約30分〜1時間以内 数時間〜1日
費用 安価 高価
試料前処理 抽出+ろ過のみ 煩雑
選択性

類縁体の影響有り

完全分離
定量性 高い 極めて高い
 
簡易迅速検査

精密検査